美容外科をすることで自分に自信がつき、全てにおいて積極的になれることがあります。美しくなる選択肢のひとつとして、既に美容外科は一般の方々が利用されているのです。

筋膜下法で豊胸

筋膜下法で豊胸を行うこともあります。この方法は胸に豊胸バッグを胸に入れるのです。 乳腺の下を通して注入をするという方法です。乳腺の下には大胸筋膜と大胸筋があります。

この間に胸を大きくする素材を入れていきます。無理のない方法ですし、昔からある方法でもあるので、安心をすることが出来ます。

最近ではシリコンも進化をしてきているので、リアルな胸の柔らかさを再現することが出来るのです。形や大きさだけではなく、胸の柔らかさ、手触りというのも大切なこととなってくるのです。

柔らかさを追求したい方には最適な方法であると言えるのです。

脂肪注入をする豊胸手術の課題点

今では、自身の腹部や太ももから採取した脂肪を胸に入れて豊胸手術をする方法は広く知れ渡っています。シリコンのような人工的な豊胸バッグを入れるよりも、自分の体内にあった脂肪を注入する方が安心であり、自然な仕上がりになります。ですがこの脂肪注入にも難点があります。

それは、術後にバストがどの位の大きさになるかを予測することが出来ないという点です。バストに注入される脂肪は、その全部が体内に残るわけではなく、吸収されて消えてしまう分もあります。どの位バストに脂肪が残るかは予測する事が出来ません。個人差が大きく、やってみないとわからないため、理想通りの大きさに豊胸出来ないかもしれないリスクがあります。

脂肪注入で豊胸手術を行う

女性においてはバストを大きくする事は、世界共通の願望になりますので、豊胸手術についてはいつの時代においても人気があることがあげられます。そうした時代の流れのなかでも、医療技術は確実に進化していますので、施術をおこなうことで大きな効果を得ることができるでしょう。

豊胸に関してはさまざまな施術の方法がありますが、新たな技術としては脂肪注入で豊胸手術を行うことに注目が集まっています。脂肪注入法のメリットとしては、触り心地やバストの大きさが自然な仕上がりになりますので、絶対にバレたくないような人に適している施術でしょう。

豊胸手術は脂肪注入法が良いです

豊胸手術は、多くの人から支持を受けている美容整形手術です。いろいろな施術方法が開発されており、その中でも脂肪注入法が一番人気となっています。この施術方法では、自分の余分な脂肪をウエストや背中、太ももから採取し、胸に直接注入していきます。自分の脂肪なので、安定率が良く、拒否反応などを起こすこともありません。

肌触りもシリコンバックに比べ自然に限りなく近くなるので、素人の方が触っても分からないくらい自然な仕上がりとなります。ダウンタイムなども従来よりも短くなっているので、気軽に施術を受けることが出来るようになっています。

豊胸、脂肪吸引は大阪、東京の美容外科・美容整形kunoクリニック

東京銀座院
〒 104 - 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/
http://www.d-biyou.com/michelangelo/
http://bust.k-biyou.com/
http://nose.k-biyou.com/
http://eye.k-biyou.com/

豊胸関連

豊胸手術、脂肪吸引などの美容整形の情報を参考に大阪、東京の美容外科探しにご利用ください。

美容外科クリニックの医師が作成しておりません。正しくない箇所があるかもしれませんのでご了承ください。豊胸手術、脂肪吸引などの美容整形の情報は参考程度にご利用ください。

ページトップへ戻る